いびき 防止 方法

いびきを防止する方法を詳しくご紹介!

いびきは単にうるさいだけではなく、
無呼吸症候群など危険な状態へ発展する恐れがあり注意が必要なものです。

 

ただ、寝ている間の事なので自分でその時に気が付いて止められるわけではありません。

 

自分でいびきを直したいのであれば、
寝る前に何かしらの対策をとらなくてはならないのです。

 

では寝る前にどんな事をすれば、
いびきを防止できるのでしょうか?その方法を調べてみました!

 

1.自分のいびきの原因は?

いびきの原因は筋力低下や肥満、アルコール、
鼻づまりや先天的な喉の形成などがあります。

 

まずは自分の体調や生活習慣を見直してみて、
いびきを引き起こす状態になっていないのか意識してみましょう。

 

いびきは喉の奥の気道が狭くなることで空気の流れが悪くなり、
多くの空気を取り込んで呼吸をする為に口呼吸になって、
その時に空気が細かく振動することで、
吹奏楽の楽器の要領で音が出てしまうという仕組みです。

 

何が自分の気道を狭くしているのか?と知ることでいびきを防止してみましょう。

 

寝る前によく深酒をする人は、少しアルコール量を減らしてみたり、
喉まわりに多く脂肪がついてる人はダイエットを検討してみるなど、
原因によっては自分でケアができますね。

 

2.自分だけじゃ解決できないことも?

肥満が原因ならダイエットをしてみる。

 

深酒が原因なら寝る前のアルコールは控えてみる。

 

鼻づまりがアレルギーによるものであれば軽減するよう薬を処方するだとか
寝室の環境を変えてみるだとか、何かしらいびきを防止するために自分でアプローチが出来ます。

 

しかし筋力低下が原因であると、喉のまわりの筋力を鍛えることは難しいですよね。

 

自分で原因を知っても自分で防止することは難しい場合もあります。

 

しかし今は、トレーニングが難しい人に筋力を回復する効果が
期待されているサプリメントが注目されています。

 

ただ、サプリメントは飲んですぐ効果が実感できるとは限りません。

 

効果が実感出来るまでの間、一時的にいびき対策グッズ等で
物理的にいびきを止める事もいいかもしれませんね。

 

3.対策グッズって何?

いびきを物理的なアプローチで止めるためのグッズは、
よく見かけるのは鼻腔を拡張するテープですよね。

 

口呼吸をとめるテープもあります。あとはマウスピースなどもあります。

 

口まわりに異物を付けたり貼ったりする事に抵抗がある方には
いびき防止用の枕なども出ていますので、ご自分に合った物があるかもしれません。

 

いかがでしたか?いびきに悩む方は今や3〜4人に1人と言われています。
自分のいびきの原因を知り、防止策を探しましょう!

 

いびき対策サプリを始めるならいぶきの実をためしてみましょう!

 

<<<詳細はこちらから>>>

関連ページ

いびきが起こす悪影響とは?
いびきが起こす悪影響を詳しくご紹介します!
いびきの原因を教えます!
いびきの原因を詳しく調べていぶきの実でしっかりと対策を始めてみましょう!